義務教育保護者活動 (PTA等)の高度化支援

いわゆるPTA活動には様々な意見や考え方があります。
しかし、子どもの健やかな成長を願う気持ちは一緒です。

子どもたちがその成長の中で、最も長い時間関わっているのが「学校」です。
学校と保護者がお互いの立場に配慮しながらより良い関係を構築し、すべての在校生たちの健やかな成長を考えていくべきだと思っています。
残念なことに近年、学校予算が十分に手当されないことに端を発し、公費負担すべきものを保護者団体に負担して頂いているケースが見受けられます。
卒業記念品などがその一例です。

また、「環境整備」といった大義名分のもと、学校地の草刈りや清掃を求められるケースがあります。
私は、何もかもがごちゃ混ぜで整理されていない状況だと感じています。

・児童生徒が学校教育の中で教育の一環として行うべきこと
・学校にお世話になっているという気持ちの表現としての保護者による活動
・充実した義務教育を行うために設置者が費用負担すべきこと
・子どもたちのために近所にお住まいのみなさまに助けていただくこと

などの区別をきちんとした上で、時代に合った仕組みの構築をすることが肝要かと思っています。
効率化の一助として、学校と保護者、地域のみなさまのコミュニケーションをより良いものにするため、IT化も必要と考えます。

関連タグ

関連記事

民間学童保育の補助

これは大切な課題だと考え、ずっと取り組んでいます。 船橋市は公設公営の学童保育を行ない、全児童対象の放課後子ども教室も設置しています。 しかし、保護者や子どもの求めるものが多様化し...

インクルーシブ保育の実現

「子供の可能性は無限大」 学校教諭経験のある同僚議員の言葉です。 障がいや病気を持つ、持たないに関わらず、それぞれの子どもがそれぞれの可能性を十分に伸ばし、社会の中で生きていけるよ...

学校給食費の無償化

学校給食は、学校給食法をはじめとする関連法令に基づいて提供をされています。 法律の目的の一部を抜粋すると、 ○適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。 ○日常生活における食...

子育ての伴走支援

ご存知ですか?船橋市には子育てを応援し活動を続けている団体や企業がたくさんあります。 例えば、育児相談を電話やLINEで行う、自宅に出向いて子どもと遊んだり、家事の代行をする、自社...